乗合代理店【生保・損保の共通用語】

乗合代理店のりあいだいりてんとは

複数の保険会社と代理店契約を締結し、それぞれの保険会社の為に保険契約の募集を行う代理店

近年では、消費者が複数の会社の保険商品を同時に検討したり、比較したりというニーズが大きくなっていて、それにともなって保険相談会社や保険ショップ等の乗合代理店が増加しています。

消費者のメリットとしては、一つの保険会社に限定しないで、複数の保険会社の商品の中から自分に最も適したものを見つけやすいというメリットがあります。

※乗合とは逆の意味になりますが、損害保険の分野では、損害保険代理店のうち、ひとつの損害保険会社とだけ代理店委託契約を締結し、その会社のためにのみ損害保険契約の募集を行う専属代理店というお店も存在しています。