未経過保険料【生保・損保の共通用語】

未経過保険料みけいかほけんりょうとは

決算日時点で、保険期間が終了していない保険契約の収入保険料のうち、なお保険者の責任が残存している期間に対応する部分のこと

例えば、生命保険会社の事業年度決算においては、責任準備金の中に未経過保険料準備金として含まれています。

未経過保険料とは逆の意味で、既経過保険料という言葉もあります。