給付・反対給付均等の原則【生保・損保の共通用語】

給付・反対給付均等の原則きゅうふ・はんたいきゅうふきんとうのげんそくとは

保険契約者が支払う保険料の純保険料部分の総額と、保険事故発生の際に支払われる保険金総額の数学的期待値が等しいことを示す原則

給付・反対給付均等の原則は、別名「レクシスの法則」とも呼ばれます。

P=wZ(Pは保険料、Zは保険金、wは事故発生確率)の計算式で示すことができ、事故発生の確率が高いほど保険料が高くなる事を示した計算式です。