共済【生保・損保の共通用語】

共済きょうさいとは

同一の職業や事業に従事する者、あるいは一定の地域で働く者が加入する共済組合・協同組合などが、組合員の福利厚生や、経済的な危険や不足の事故に対して実施する相互扶助制度

共済は、組合員の疾病、負傷、死亡、火災、自動車事故等に対して一定の給付が行われます。

協同組合法による共済事業としては、農業協同組合法に基づく全国共済農業協同組合連合会(全共連)、消費生活協同組合法に基づく全国労働者共済生活協同組合連合会全労済)等があります。

協同組合法以外の共済事業としては、地方自治法によって地方時自体が行う共済などがあります。

なお、共済事業には、生保・損保の兼営禁止の様な制約が無いので、農業協同組合共済の様に、生命保険・損害保険の各種共済が同一団体によって提供されています。