公保険【生保・損保の共通用語】

公保険こうほけんとは

公共政策上の目的を達成するために設けられている保険

公保険は政策保険とも呼ばれていて、社会政策的保険と経済政策的保険とに分類されます。

社会政策的保険の代表が社会保険です。

これには、健康保険、国民健康保険、国民年金、厚生年金保険、雇用保険、介護保険、労働者災害保障保険(労災保険)、船員保険等があります。

経済政策的保険は、産業の保護と育成を目的としている保険の事で、産業保険とも呼ばれています。

具体的には、貿易保険、農業保険、森林保険、中小企業信用保険、漁船保険等が経済政策的保険になります。

さらに、民営の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)や、地震保険等も、それぞれ特別な法律(自動車損害賠償保障法や地震保険に関する法律)に基づいて、国がその運営に深く関与している点で、実質的には公的色彩が濃い保険種目といえます。

※公保険と対義の意味を持つ私保険の解説ページも参考にして下さい。