告知義務【生保・損保の共通用語】

告知義務こくちぎむとは

保険契約者または被保険者が保険加入の際に、保険者に対して重要な事項について事実を告げる事、また、事実とは異なる嘘を告げてはいけないという義務

保険者は、引き受ける危険の内容を基に、契約締結の可否や契約条件、それらを考慮した保険料を決めるのですが、そのために必要な危険の情報は加入する側に存在します。

例えば、被保険者の健康状態は保険者には分かりません。そこで、保険法の4条の「損害保険」、37条の「生命保険」、66条の「傷害疾病定額保険」等では、契約の締結にあたり、危険に関する重要事項を保険者に告知する事を、保険契約者または被保険者の義務と定められています。

この義務を怠ってしまった場合は、告知義務違反となって保険契約が解除される事があります。