基礎書類【生保・損保の共通用語】

基礎書類きそしょるいとは

保険会社の組織、経営に関する基礎的事項を定めた書類のこと

基礎書類は、定款、事業方法書、普通保険約款保険料および責任準備金の算出方法が書かれた書類の事を指します。これは保険業法4条2項に定められています。

保険業の免許を受けようとする者は、申請書にこれらの書類を添付する事が必要で、基礎書類の内容を変更する時は、内閣総理大臣の認可が必要になります。(保険業法123条

保険契約者等の保護に欠けるおそれが少ないものとして定められた一定の保険契約に係る事項については、内閣総理大臣の認可ではなく、届け出をする必要があります。