県民共済【生保・損保の共通用語】

県民共済けんみんきょうさいとは

全国生協連(全国生活協同組合連合会)が厚生労働省の監督のもとに組合員を対象に行っている共済事業

全国生協連は加盟している都道府県単位の単位生協から成り立っています。

県民共済は、都道府県毎に都民共済(東京都)や府民共済(京都府・大阪府)、道民共済(北海道)、全国共済(神奈川県)等と呼ばれています。

なお、単位生協によって保障内容等に多少の違いがあります。

現在では、生命保険に相当する商品には、「こども型」、「総合保障型・入院保障型」、「熟年型・熟年入院型」等があり、総合保障型、熟年型の基本コースに特約の相当するプランを追加することで、手術や先進医療等も保障されて、入院日数に関係なく一律に入院一時金が支払われます。

また、損害保険に相当する商品には「新型火災共済」があります。

新型火災共済については、住宅の加入限度額や掛金は住宅の坪数で、家財の加入限度額や掛金は家族の人数で計算されます。

※風水雪害や地震等にも見舞共済金が支払われます。