確定拠出年金【生保・損保の共通用語】

確定拠出年金かくていきょしゅつねんきんとは

拠出された掛金が個人ごとに明確に区分され、掛金とその運用収益との合計額をもとに年金給付額が決定される年金制度

アメリカの確定拠出年金である401(k)プランをモデルにして、日本版401(k)とも呼ばれています。

確定拠出年金は、掛金額をあらかじめ確定しておき、積み立てた掛金の運用益によって将来の給付額が変動する仕組みになっています。

厚生年金基金や適格退職年金等の企業年金制度などは、給付額が約束されるという特徴がありますが、従来は下記の様な問題点がありました。

  1. 企業年金制度は中小零細企業や自営業者に十分普及してこなかった事
  2. 離職や転職の時の年金資産の持ち運びが十分確保されていないので、労働移動への対応が困難である事

上記の様な問題点があったので、2001年10月に施行された確定拠出年金法に基づいて、公的年金に上乗せされる部分における新たな選択肢として確定拠出年金が導入されたのです。

この制度には企業型と個人型があり、企業型は企業側が掛金を支払い、個人型は個人が掛金を拠出する方式で、自営業者や企業年金を導入しない企業の従業員が加入できます。

また、公務員、専業主婦、国民年金保険料を納めていない人は加入する事はできません。

税制上の優遇措置が大きいことや、転職した際には前勤務先の資産残高を持ち運べる事(ポータビリティ)、個人勘定が設定されるので、運用成績が明確に分かる事などのメリットがあります。

しかし、運用リスクは全て個人責任になります。

企業側としては、運用リスクを負わなくて済むのですが、従業員に適切な投資教育を十分に行わなければいけません。