解約返戻金【生保・損保の共通用語】

解約返戻金かいやくへんれいきんとは

保険契約が解約された場合、保険契約者に払い戻す金額。「契約払戻金」や「解約返還金」とも呼ばれる

生命保険の場合、解約返戻金の額は保険会社に積み立てられている責任準備金の額を基準にして計算されます。

責任準備金は毎決算期に保険契約の種類によって計算された保険料積立金と、未経過保険料および危険準備金から成り立っています。

責任準備金は保険事故の発生によらず途中で消滅した場合には、契約者にこれを払い戻します。

ただ経過年数の短い場合は、積み立てられた責任準備金から保険種類、経過年数等に応じて一定の金額(新契約費など)を控除した金額が解約返戻金となります。

損害保険の場合、満期返戻金つきの積立型保険を除いて、原則として保険契約者の故意または重大な過失によって保険契約が無効・失効となった時には保険料は返還されませんが、それ以外の時には未経過期間に対して日割計算をした保険料が返還されるようになっています。