解除【生保・損保の共通用語】

解除かいじょとは

保険契約者保険者(保険会社側)が、保険契約を最初から無かった状態とすること

保険契約者による解除については、保険契約者はいつでも保険契約を解除できます。保険法の27条)(実務面では、解約と呼ばれます)

解除は将来に向かってのみ効果を有していて、保険者は解除以降の期間について責任を負いません。

一方で保険者による解除については保険者は契約を自由に解除する事は認められず、告知義務違反や重大事由など保険法の28・29・30条、または約款規定の事由に合致する場合に解除が認められています。

例えば、「健康状態や過去の傷病歴に関する事実を告げない」、「事実と違う告知をした」等の告知義務違反があった場合、一定期間内であれば保険者側で保険契約を解除する事が出来ます。

解除は基本的に将来に向かってのみ効力を有するので、解除前に保険事故が生じていれば、保険者はそれに対して保険給付の責任を負わなければなりません。

解除に関する「解除権」の解説はこちらからご覧下さい