自動振替貸付【生保・損保の共通用語】

自動振替貸付じどうふりかえかしつけとは

保険契約の解約返戻金の範囲内で、保険会社が自動的に保険料を立て替え、保険を継続させる制度

保険契約中に、一時的に保険料の払込みが困難になってしまう事があります。

そこで約款では、解約返戻金が一定額以上ある場合には保障(補償)を継続させるために、自動振替貸付制度を規定しています。

通常は保険料の払込みがないまま猶予期間が過ぎると、契約が失効し保険事故が発生しても保障(補償)が受けられなくなります。

しかし、その契約の解約返戻金が払い込むべき保険料とその利息の合計より多い場合に、自動的に保険料相当額を契約者に貸し付けて保険料の払込みに充当して、失効させることなく契約を継続させるのがこの自動振替貸付制度なのです。

ただし、契約者から事前に貸付拒否があった場合にはこの制度は取り扱われません。

貸し付ける利息は、保険会社の定める利率によって計算され、契約が消滅した際にそれまでに立て替えた保険料と利息を差し引いて支払われます。