JA共済【生保・損保の共通用語】

JA共済きょうさいとは

農業協同組合法に基づいて、組合員・利用者に保障提供を行う農業協同組合(JA)の共済

JA(農業協同組合)の共済事業は、JAJA共済連(全国共済農業協同組合連合会)の2段階制によって機能の分担が図られています。

共済契約については、JAとJA共済連が、共同で共済責任を負う共同元受方式をとっています。

要するに、JAはJA共済連の窓口(組合員・利用者対応・事務処理)であり、新規契約の引受け・共済掛金の払込・共済金の支払を行います。

JA共済連は都道府県本部と全国本部があり、都道府県本部はJAと連携・協調しながらJAの共済事業を総合的にバックアップし、全国本部はJAの共済事業をバックアップするための企画・開発、資産運用を行っています。

JA共済は、生命保険・損害保険の両方の分野の機能を有していて、組合員・利用者に対して生命・建物・自動車等の各種共済による「人・家・車」の生活総合保障を提供しています。

建物更生共済は積立タイプの損害共済で、自動車共済については独自の掛金割引制度が設定されている等、他の共済制度とは異なる特徴もあります。