保険契約者保護機構【生保・損保の共通用語】

保険契約者保護機構ほけんけいやくしゃほごきこうとは

保険会社が経営破綻した場合に備えて、保険業法に基づいて1998年12月1日に設立・事業開始した法人

保険契約者保護機構は、保険業に係る免許の種類毎に、生命保険契約者保護機構損害保険契約者保護機構の2つの機構が設立されています。(保険業法262条の規定

保険業法265条の3には、国内において生命保険業または損害保険業を営む保険会社は、その免許の種類に従ってどちらかの保護機構にその会員として加入しなければいけないと明記されています。

また、会員として保険契約者保護資金に充てるための負担金を、一定の割合で分担する事とされています。(保険業法265条の32~35の規定

保護機構は、破綻保険会社に係る保険契約の移転等、保険契約の承継、保険契約の再承継および保険契約の再移転における資金援助(保険業法265条の28第1項3号の規定)を中心に、保険契約者を保護するための各種業務を行っています。(保険業法265条の28の規定