保険契約準備金【生保・損保の共通用語】

保険契約準備金ほけんけいやくじゅんびきんとは

保険会社が保険契約に基づいて負担すべき契約上の保険責任額を、準備金として決算期末に積み立てる資金

保険契約準備金は、保険業法において将来の保険金などの支払に備えて積み立てが義務づけられているもので、支払備金責任準備金、社員(契約者)配当準備金等がそれに該当します。

支払備金は、支払義務が発生している保険金、返戻金その他の給付金のうち、決算期末時点で未払いになっているものについて、その支払の為に必要な金額を積み立てる準備金の事です。

なお、支払事由の報告は受けていませんが、その支払事由が既に発生したと考えられる金額についても、支払備金に積み立てる事になっています。

責任準備金は、将来の保険金・満期金・返戻金等の支払に備え、保険業法で積み立てが義務付けられている準備金です。

社員(契約者)配当準備金は、生命保険会社において保険契約に対する配当を行う為に積み立てられる準備金です。

損害保険会社においては、積立保険について契約者配当の財源として契約者配当準備金が積み立てられますが、これは責任準備金の範疇に入ります。