保険法【生保・損保の共通用語】

保険法ほけんほうとは

2010年4月1日に施行された、保険契約および共済契約に関して規定する法律

保険法は、保険契約に関して保険契約者等と保険会社との間の権利義務等の基本的事項を定めた法律です。

具体的には、保険契約を「損害保険」、「生命保険および傷害疾病定額保険」に分類し、保険契約の成立時、保険給付時、保険契約の終了時などについてのルールを定めています。

保険法は、旧商法には規定が無かった「傷害疾病保険」に関する規定の新設等、社会経済情勢の変化に対応した内容に変化しているとともに、保険法の規定とは異なる保険約款の規定でも保険契約者等に不利なものは無効になる「片面的強行規定」(ただし、企業分野の保険は適用除外になる)の新設をはじめ、消費者を保護する観点から、様々な規定が定められています。

また、保険制度の健全性を維持するために、保険金の不正請求等の保険者保険契約者等の信頼関係を破壊する事由が生じた場合、保険者は保険契約を解除できるとした「重大事由解除の制度」も規定されています。(保険法30条、57条、86条)