保険代理店【生保・損保の共通用語】

保険代理店ほけんだいりてんとは

保険会社のために、委託を受けて継続的に保険契約の締結の代理または媒介を行う者

保険代理店は、顧客に適切な商品の選択が出来るよう助言すると供に、事故が発生した時には保険金の請求に必要な書類の取り揃え方や、書き方等をアドバイスする等の行為も行います。

保険契約の締結の代理とは、募集主体が所属保険会社の名で、顧客に対して保険契約の締結に関する意思表示をし、顧客から保険契約の締結に関する意思表示を受ける事によって、その法律効果を直接所属保険会社に帰属させる行為の事を指します。

また、保険契約の締結の媒介とは、保険会社と顧客の間に立って、それらを当事者とする保険契約の締結の成立に尽力する行為の事を指します。

一般に生命保険募集人は、契約の締結権は保険会社に有るため、保険契約の締結の媒介を行うという事になります。

これに対して損害保険代理店は、契約の締結権自体が代理店に有るので、保険契約の締結の代理を行うという事になります。

生命保険の場合は媒介で、損害保険の場合は締結の代理となるわけです。

保険代理店には、1つの保険会社だけと代理店委託契約を締結して、その会社の為に保険契約の募集を行う専属代理店と、2つ以上の保険会社と代理店委託契約を締結して、それぞれの会社の為に保険契約の募集を行う乗合代理店があります。