クーリング・オフ【生保・損保の共通用語】

クーリング・オフとは

契約撤回請求権の事で、契約申込者保護のために、一定期間契約内容をもう一度検討できる冷却期間として申込の撤回を認める制度

契約者が申込みの撤回を希望する場合は、契約者から文書の郵送によって申し出をするのですが、消印日付が第1回保険料(充当金)の領収日を含めて8日以内であることが撤回の条件になります。

この場合、既に払い込まれた金額があれば全額返還されます。

ただし、生命保険の場合、会社の指定した医師の診査を受けた後は契約撤回は出来ません。

これは契約の申込みをしようと考えてから診査まで、ある程度の日数を普通は必要とするものなので、診査を受けた契約は申込みの意思が熟したものと考えられるからです。

また、損害保険の場合では、保険期間が1年以内の契約や、保険契約の加入が法令で義務づけられている自賠責保険等は、クーリング・オフの申し出が出来ません。