保険に関する知識のひとつとして知っておいた方が良いのが生命保険と損害保険の違いについて。

保険の基礎的な知識であるが、保険の知識を基礎から知りたい方向けに簡潔に書かせて頂いた。

生命保険の最大の特徴とリスク

私は今まで多くの生命保険の申込書などを見てきた。保険商品は千差万別あり、数千万円から時には数億円まで保険の商品は多岐にわたる。

生命保険会社は、保険金額を自由に設定する事が出来るのが最大の特徴。損害保険は物の価値に対しての保険であるので客観的な金額が一律に設定されているが、生命保険では100万円だろうが1億円だろうがかまわないのだ。

例えば、損害保険で300万円の自動車に対して1000万円の保険をかける事はできない。最大でもその300万円までが保障の対象になる。

逆に生命保険は、自分の命の価値を自由に決められる。

この事は、大きな問題を抱える一面をもっている。例えば大きな金額をかけた生命保険の保険金を詐取する為に、重大な事件が起きてしまう事もしばしばある。

この様なリスクがあるので、生命保険の契約時には厳しいチェックが行われる。

「必要以上に大きな保険金ではないのか?」、「職業や健康面のリスクから、保険金の支払いリスクが通常よりも高めなのではないか?」といったチェックが入る。

もしチェックが無事に済み契約した場合、その後保険金の支払い条件を満たせば迅速に支払われる。

一方で損害保険は物の価値が最初から決められているので、生命保険よりも簡単に加入する事が出来る。

もし保険を掛けている物が損害を受けた場合に、その査定を行い、幾らの保険金を支払うかを比較的速やかに決まる。

支払いで錯覚しがちな事とは?

生命保険は一度契約すると数十年という長い期間にわたって保険料を支払うもの。

一方で、損害保険は1年契約が基本。そのために生命保険はクーリングオフ制度が使えても損害保険では使えない事がある。クーリングオフは1年を超える契約の保険が前提になっているからだ。

さらに損害保険はクレジットカード決済が当然のように出来るが、生命保険では会社によってはまだ完全にできない会社もある。

私が大事だと思うのが支払いの感覚だ。

保険料金は、生命保険は月払いで、損害保険は年払いで表記されるのが多い。

実はこの事で契約者にとって少し錯覚が生じてしまうのだ。

例えば、沢山の保険に加入している人からご相談を受けると、お話する中で内容が重複しているような保険を外す事を提案させて頂く事がある。

すると、「毎月1000円位の保険なので、このままでも大丈夫ですよ」と言われる。

しかし、同じ人に今足りない部分の保障が付いた損害保険プランをお薦めすると、「1年で1万円増えると高いので結構です。」と断られる。

年間1万円増えるという事は、1ヶ月900円未満。さきほど外しても問題ない保険の商品よりも必要性が高く、料金も安いのに契約者は年払い表記だと高いと錯覚してしまう。

大事な事は、月払い表記が多い生命保険や年払い表記が多い損害保険を同じような物差しで統一して見る事が重要。

そうしないと、本当に優先順位が高い保障のプランの契約のチャンスを逃すことに繋がってしまうので、支払いの感覚は月額と年額のどちらかで統一するべきだと思う。

まとめ

今回は生命保険と損害保険の違いを述べた。まとめると以下のポイントをおさえておいてほしい。。

  • 生命保険は保険金額を自由に決めることが出来るが、損害保険はそのものの価値より高くできない
  • 生命保険の方が審査が厳しめで、損害保険は比較的簡単に加入できる
  • 生命保険は月払い表記、損害保険は年払い表記が多い

以上の事をおさえておいてほしい。錯覚しがちな料金表記に気をつけよう。

おすすめの記事