火災保険は必要?

火災保険という保険を聞いた事がある人も多いと思いますが、そもそも「この火災保険って加入する必要があるの?」、「どんな時に火災保険は役立つの?」と疑問を持っている人も多いと思います。

そんな素朴な疑問を持つ皆さんに、なぜ「火災保険が必要なのか?」を解説してみたいと思います。

なぜ火災保険が必要なのか?

建物が火災被害を被ってしまった時、その出火原因が建物の持ち主自身の過失や天災等の場合、損害賠償を請求する相手がいない状況になります。

もし、出火原因自体が第三者によって引き起こされた火災だったら、その人に対して損害賠償請求が出来ると思います。

しかし、実際はそれで高額な賠償金をちゃんと払ってもらえる保障はありません。相手が経済的に余裕が無い場合があるからです。

他にも損害賠償が困難な要因としては、もうひとつあります。

それは明治時代から存在する「失火責任法」の存在です。

失火責任法とは?

失火責任法は、民法709条に対して優先的に適用される法律です。

原文は以下の通りです。

民法第七百九条 ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス

要するに、失火を原因とする不法行為については、加害者に重過失があると認められないと、損害賠償請求権が認められていないのです。

逆に言えば、重過失が認められないと損害賠償請求自体が出来ないルールになっているのです。

重過失とは、以下の様な時に重過失があると認めれます。

  • 寝たばこ
  • 燃えやすいものがある場所に、タバコのポイ捨てをした
  • 火気厳禁の場所でタバコを吸った
  • 電気コンロを付けた状態のまま寝た

放火の割合

平成30年の消防白書によると、平成29年の出火原因の1位は放火となっています。

「放火の疑い」を含めると、全出火件数の約14.8%となっています。

ちなみに、放火犯に対しては民法709条に基づいて損害賠償請求が可能です。しかし、放火犯が損害額の全額をてん補出来るお金を持っていないケースが大半なのが現実なのです。

まとめ

もし火災の被害に遭ってしまった場合、加害者に損害賠償が出来る様な経済的な資金があるかどうかは、その時になってみたいと分からないのです。

落雷や風災などで火災が発生した時は、損害賠償を請求出来る相手すら存在しない状況になります。

この様に、火災などによる損害については、結局は火災保険に加入しないと十分な損害てん補を受ける事が難しいのが現実なのです。

火災保険の保険料は、車両保険料などと比較しても保険金に対する保険料が安いので、加入するメリットは非常に大きいと思います。

住宅ローンを組む場合でも、火災保険の加入が条件になっている場合が多いです。これは住宅ローン時に設定される建物の担保価値が、火災によって毀損するリスクを少なくする為でもあるからです。

今の日本では、火災による損害をてん補できる現実的な手段は、「火災保険契約だけ」といっても過言ではないのです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事