宅建の資格は必要なの?

不動産投資を実行していくにあたって、「宅建」の資格は必要なのでしょうか?」という質問を受ける事があります。

宅建とは宅地建物取引士という国家資格の事で、不動産事業を営む場合に便利な資格です。

不動産投資において、本当に宅建が必須なのかどうか?を解説したいと思います。

宅建の資格は、不動産投資ビジネスに影響はありません

宅建(宅地建物取引士)やFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得すれば、必要最低限の金融や不動産の知識は身につきます。

だからといって、資金調達のスキルや人脈、不動産業者とのコミュニケーション能力など、不動産投資に本当の意味で必要なスキルは身につきません。

一番良い方法は、実際に不動産投資ビジネスを開始しようとしてみる事です。本当に必要なスキルは、実戦経験を得る事でしか身につかないと思います。

不動産投資をしている叔父も、歯科医師という資格しか持っていないし、特に資格取得の勉強はしなかったそうです。

叔父曰く、「不動産投資のノウハウは、実際に経験しながら身につくもんだよ。」と言っています。

資格取得は考えなくて大丈夫です!

宅建やファイナンシャルプランナー、または不動産鑑定士等の資格取得については、考えなくても大丈夫です。

資格を取得したとしても、物件を見極める目が養われるわけではないし、金融機関から資金調達で有利になる事もありません。

大切なのは、不動産投資の勉強をし、さらに実際に不動産投資に挑戦しながら様々な経験を経る事です。

そうすると、自然に物件を見極める能力や、金融機関での資金調達の方法等のスキルレベルが確実にアップしていくでしょう。

Twitterでフォローしよう