不動産業者からの情報提供

不動産業者から物件情報などの提供を受けたい場合、人によっては不動産業者から情報提供してくれないケースが時々あります。

おそらく原因は、その人が不動産業者から「どうせ買えないだろう」と思われてる可能性が高いです。

今回は、不動産業者から情報を提供してもらえる人になるためにはどうしたら良いか?をテーマに解説させて頂きます。

不動産業者から情報が来ない場合

「物件情報が欲しいんですけど・・?」と業者に問い合わせをしても、その不動産業者から情報が送られてこない場合がありますが、そんな時は必ず理由があります。

それは、「買えない客」というレッテルを貼られている可能性が高いからです。

情報提供する業者は、仲介手数料を得ることで成り立っている商売なので、基本的に「本当に物件を買ってくれそうなお客」にしか優良物件を紹介しようとしないのです。

不動産業者から見れば、お客様にも優先順位が付けられてしまっているのが現実なのです。

もし本当に優良な物件が在ったとしたら、なおさら優先順位の高いお客様からオファーをして、優先順位が低い人には、その情報すら知る事ができない場合もあります。

優先順位の高いお客になるために

「買ってくれそうな客」になるためには、「レスポンス」と「意思決定」を早くする事が大切です。

不動産投資で成功している私の叔父を例に出すと、業者から物件の紹介があったら、すぐに物件の詳細情報を調べて、良さそうな物件であれば、すぐに仮押さえの意思を伝える事を心がけているそうです。

買いたい物件の要望を正しく伝えよう

もしあなたが不動産投資の物件を探しているとして、具体的にどんな物件を望んでいるのかが分からなければ、業者側も具体的な物件を紹介するモチベーションが下がってしまいます。

「良い物件があれば、紹介して下さいね!」と伝えるだけでは、ほぼ間違いなく優良物件を紹介してくれることはないでしょう。

大切な事は、自分が欲しい物件の詳細を具体的に紙に書き出してみてください。

  • どの地域の物件が良いのか?
  • 建物の構造は?
  • 価格帯は?
  • 想定利回りは?
  • 築年数は何年以内か?

上記の質問を自問自答しながら、欲しい物件を明確にしてみましょう。

自分の属性のPRをしてみよう

不動産業者から「優先順位の高いお客」になる為には、ご自分の属性を良く見せる事も大切です。

例えば以下の様に

  • 安定している年収
  • 勤務先は上場企業
  • 〇〇の資格を取得している
  • すでに保有している物件
  • 金融機関からの融資枠が既にある

上記の様な属性を不動産業者に事前に伝えておく事で、業者の反応がかなり違ってくるでしょう。

特に融資枠を獲得しておくと、不動産業者からは優先順位が最も高くなり、優良な物件情報を手にできる可能性がグッと高くなります。

もし、あなた自身の現在の「金融機関からの融資枠」を知りたい場合は、あなたの属性と、欲しい不動産物件情報を合わせて持ち込んで、実際に評価してもらうことで、大体の目安の融資枠が分かります。

不動産業者から、「本当に買ってくれそうな客」と評価してもらうためには、「それなりの準備と小さな努力と少しの手間」が必要なのです。

Twitterでフォローしよう