超初心者の方が不動産投資で最初にやるべきこと

実際に不動産投資ビジネスの準備に取りかかる場合、何から始めたら良いかが分からない人も多いと思います。

今回は、そんな超初心者の方が不動産投資にチャレンジすると決意した時に、最初にやるべき行動をアドバイスします。

最初は情報入手をしまくるだけ!

もしあなたた本気で不動産投資ビジネスを考えているのであれば、まずは知識と情報をできるだけ多く仕入れて、「未経験だけど、不動産投資の知識レベルはプロ並み」という人間を目指す事が最初にやるべき行動です。

具体的な方法としては、以下の方法が現実的です。

  • 不動産投資ビジネスに関する書籍を読みまくる
  • 不動産投資ビジネスに関するブログ記事を読みまくる
  • 不動産投資セミナーに参加しまくる
  • 情報商材を買って勉強してみる
  • 実際に不動産投資ビジネスを実践している人からアドバイスを受ける
  • 不動産投資コンサルタントに聞いてみる

上記の様な様々な勉強の仕方があります。

量より質ですが、最初は量が大切

有名な言葉に「量より質」という言葉があります。

たしかに私も同じ意見です。意味の無い事を沢山学んでも、意味のある事を1つ学んだ方が有益な事もあります。

しかし、最初は「どの情報の質が良いか、あるいはどの情報が無駄なのか」という区別が付きにくいと思います。

それは、勉強している絶対量がまだ少ないからです。どんどん勉強量を増やしていくと、自分で「これは必要な情報だな」とか「この情報は大して重要ではないな」という情報の分別が出来る様になってきます。

ですから、最初は片っ端から不動産投資ビジネスに関する情報を入手しまくるのです。そうすれば、自然と自分で必要な情報だけを脳にインプットし、要らない情報を除外できるような人間になります。

まずは、1冊の読書から始めて下さい。そして、このブログも定期的に情報発信していくので、気が向いた時に新しい記事があれば、目を通して頂ければ幸いです!

Twitterでフォローしよう