自殺のあった不動産物件

もし、購入を検討している不動産投資物件が、「過去に自殺があった」物件だった場合、利回りが良くても避けた方が良いのでしょうか?という質問を頂いた事が過去にあります。

確かに、その不動産投資物件が「ワケあり」なのかどうかを確認したいのは当然だと思います。

今回は、そんな過去に不幸があった物件は避けた方が良いのかどうか?をテーマに解説させて頂きます。

事故物件でも、価格や利回り次第で検討する価値アリ

過去に自殺などがあった物件は、「心理的瑕疵物件」と呼びます。

心理的瑕疵物件とは、過去に「自殺や殺人」、「事故や事件による死亡」、「事件・事故・火災」等のあった物件の事を意味します。

そのために、このような物件は相場よりも安価で購入する事が可能なケースが多いです。

実際に不動産投資をしている私の叔父も、過去に事件があった物件を購入した事があるそうです。

当時は、その事件の影響で稼働率や利回りもそれほど魅力的ではなかった様ですが、管理会社の判断で室内の事件でなかった為に、告知義務無しで客付けしてもらい、今では満室に近い稼働率になっています。

室内での事件や自殺があったとしても、そのリスクを考慮したうえで目標のキャッシュフローが出る可能性が高いと判断できれば、購入を検討しても良いと思います。

その他の心理的瑕疵

その他の心理的瑕疵として例をあげると、例えば近所に墓地や火葬場があるような物件でも、賃貸の需要があり、尚且つ相場より割安で購入することによって、十分なキャッシュフローが得られる可能性もあります。

ただし、暴力団等の反社会勢力が入居しているような不動産物件は、絶対にやめた方が良いです。

購入段階で金融機関からの融資が付かないし、購入後に物件の売却を検討しても、基本的にはこの様な反社会勢力が入居している場合、売却先が見つからないと思った方が良いです。

結論としては、事故物件でも割安で購入できたり、賃料を下げるなどの工夫でキャッシュフローが見込めるなら、検討の余地があるという事になります。

Twitterでフォローしよう