どんな不動産業者を探せば良いか

不動産業者を選ぶとき、どんな業者に問い合わせをすれば良いかが分からない人も多いと思います。

今回は、【どんな不動産業者を探せば良いのか】をテーマに解説します。

不動産業者は【元付業者】を探すべき!

不動産売買には、売主サイドの「元付業者」と、買主サイドの「客付業者」が関与して成立するのが一般的です。

元付業者」とは、売主側から直接売買の依頼を受けている業者の事を指します。

買主が元付業者と直接取引することで、元付業者は売主と買主の双方から手数料(成功報酬)を受け取る事が可能になります。

不動産業界の中では、この双方から手数料を得る事を「両手」と呼び、逆に一方からの手数料を受け取る事を「片手」と表現します。

双方から手数料を得ると、結果的に業者は2倍の手数料になるので、元付業者は取引を成立させるモチベーションが高くなるわけです。

元付業者は、もともと売主サイドの業者なので、売主側との条件交渉もスピーディに進むケースが多くなります。

元付業者を見分ける方法とは?

それでは実際に元付業者を見分けるにはどうしたら良いのか?の疑問にお答えします。

一番のポイントは、売主と不動産業者との関係性を見ることです。

その方法とは、物件概要書や、物件広告に記載している【取引態様】を見る事です。

物件広告や概要書に、【専属専任媒介契約】や【専任媒介契約】と記載されている業者が、本気で交渉できる元付業者となります。

取引様態には数種類あるので、ここで簡単にご説明します。

  • 【売主】:売主が直接に客を探すケース
  • 【専属専任媒介契約】:全てをその1社に任せるケース
  • 【専任媒介契約】:1社との契約の他に、売主自身でも売却先を探すケース
  • 【一般媒介契約】:複数の不動産会社に売却先を探して貰うケース
  • 【媒介あるいは仲介】:売主との媒介契約がないケース(主に客付け業者のこと)

注意点は?

ここでひとつ業界のタブーに触れておきます。

不動産業界では、客付業者などから得た情報によって元付業者の情報を探し出し、直接元付業者へ交渉を申し込んだりする事は、業界の暗黙のルールに反してしまうので、出来ればやめて下さい。

客付業者に不義理はしないで下さい。

今回の結論は、【優良物件を手にするために不動産業者を探すなら、自分で元付業者を探しましょう!】です。

 

Twitterでフォローしよう