競売物件や銀行から紹介された物件

「競売物件」や「銀行から紹介された物件」、または「任意売却物件」等は、不動産投資としては、優良物件なの?と疑問に思っている人も多いと思います。

今回は、本当にこの様な物件は投資対象として本当に大丈夫かどうかを解説させて頂きます。

金融機関から紹介された物件はイマイチな事が多い

銀行などの金融機関との付き合いが出来てくると、金融機関から不動産投資物件を紹介される事が時々あります。

金融機関の紹介なので、「まず間違いなく優良物件だろう」と思ってしまいがちなのですが、現実は意外と逆で、良い物件ではないケースが多いです。

不動産投資で一定の成果を出している叔父の話を聞くと、今までに2回ほど金融機関から物件を紹介された事があったそうです。

しかし、紹介された物件はどれも投資に見合わないものばかりで、法定耐用年数を大幅に超過した木造アパートであったり、人通りの少ない商店街にあるテナントビルで、とても買えそうな物件ではなかったそうです。

競売物件や任意売却物件は本当にお買い得なのか?

競売物件や任意売却物件であれば、お買い得で購入できるかもしれない」と考える人も多いと思います。

ちなみに「任意売却」とは、不動産を売却してもローン全額を返済できず、ローンが残ってしまう状況において、債務者(売主)と債権者(金融機関)の間に仲介者(不動産業者が多い)が入って、その不動産を競売にかけないで、売主・金融機関・買主の3者が納得できる取引を成立させる事を任意売却と言います。

この任意売却物件だと分かった場合、単純に「お得な物件だろう!」と先入観を持ってしまいがちですが、多くの場合、この募集価格は市場の相場とあまり変わらず、本当にお得な物件ではない可能性が高いのが現状です。

競売物件に関しても、近年では競売人気が高くなってしまった為に、入札が多くなって、結果的にお得な物件ではなくなってしまうケースが多いです。

結論

今回の結論は、銀行から紹介された物件や、競売・任意売却物件は、近年では魅力的ではなくなってしまったといえるでしょう。

Twitterでフォローしよう